ホットカーペットの上でぬくぬくと

こう寒くなってくると暖かい場所から離れたくなかったりで、ついついそのまま居着いて、うたた寝でもしてしまいそうです。
ただ、布団の中の湯たんぽで再発した経験もあるので、基本的に体を温めるのはよろしくないのでしょう。気持ちいいのに…。
他の再発経験として、温泉、お風呂、夏場の屋外、風邪による発熱、インターフェロンによる発熱というのがあります。
再発抑止のためのインターフェロンの副作用で再発とか、アホかと思うこともあったものの、一時期のマッチポンプの状態から比べると近頃は安定する傾向にあり助かっています。

今現在カーペットの上で丸くなってますが、欲を言えばホントこのまま眠ってしまいたい;p

WordPress for Android から投稿

今年の通院納め

ぐったりとしている間に日が回ってしまったけれど、今年の通院が終了しました。

退院後の通院日を体調不良によりすっぽかしてしまい、家族の白内障治療で担当医との相談ついでに来年の予約を取ってきました。

体調の方が徐々に戻ってきて、年内に受診する事も無いだろうという事で、神経内科の受付で「来年もよろしくお願いします」と挨拶をして終了。

今日の本題であった白内障の件は、慶應義塾大学病院の紹介を取り付けて、これも丸く収まりそうです。手術に踏み切る時期には余裕があるとの事で、慶應義塾のほうでも担当医とのやり取りが色々と発生するだろう事もあり、年明けに受診するという話で落ち着きました。

“今年の通院納め” の続きを読む

パルス治療の後の愚痴ということで…

頭に出来物が出来そうです…、身体がぷにぷにまるっとしてくる感じがします。
唾液の味がステロイドというか…、体の内側から薬があふれてきそうな、もうろうとして結構辛い。

とどのつまり、入院中は楽だったとか、退院してくるのが早すぎたとか…。
久々ではあるけれど入院の度に同じようなことを言っていて進歩がない気がします;p

WordPress for Android から投稿

入院3日目昼

2度目の点滴終了。
ステロイドパルス療法、短期にステロイドの大量投与を行いその反応で身体の修復を促す。恐らく、これから夕刻あたりまでは身体が熱を持った状態が続き、その間、何かしらの細胞修復が行われているはずである。さらなる状態の改善を期待しよう。

3人チームのドクターの内、昨日不在だったチームリーダーが様子を見に来て、諸症状と改善に向かった経緯を話すと、調子が良ければ明日にでも退院できるとの話でした。
ただまぁ、パルス療法3日目が残っていて、現状熱でくらくらして積極的には動けない事もあり、土曜退院を予定し、明日の状態次第では帰っていいよという話になるかもしれない。

以下おまけギャラリーと雑記…こっちの方が内容が濃い;p
“入院3日目昼” の続きを読む

入院して二日目だったりで

またすぐに点滴が入るので簡単にまとめ、

通信手段が無いので、基本的にローカル保存の日記のような物です。

個人的には、症状を我慢し続けて、次の診察日まで持たせると言うことを続けた結果が今回の入院だと考えています。
医師からも、毎度のように「これくらいなら何か早急に治療することが無くても大丈夫だよ」と言われ、これは捉え方の問題なのだけれど、「もっと重傷でないと治療は出来ないのか」などと解釈をねじ曲げていたところが大きい。
長い闘病生活による弊害、我慢という、いかにも日本人的な思考による弊害。

結果的につもりつもって心身共に限界、ベットの上に横たわっています。
一番辛かった呼吸がうまくできないという問題が、治療二日目の朝にはほぼ解消されて、身体の方は回復に向かっています。やはり普通に呼吸が出来ると言うことは大きい。もっと早く治療を受けるべきだった…。

ちなみに3年ぶりに入院した東京医大病院の病室には……
“入院して二日目だったりで” の続きを読む

雑記:多発性硬化症の症状に悩まされるという事

台風襲来だったり気圧の変動が激しかったりで、毎度のことながら体がつらい。多分まともに起きていたのは1週間の内今日位だったと記憶している。特定疾患医療受給者証の更新のために発行してもらった診断書に記載された病巣は脊髄、脳幹、大脳の3ヵ所。数の分だけ辛さが増したとも思えるけれども、再発を恐れての消極的な生活と、それでも寝込みがちだという状況が体力の低下を招いて、今まで体力でねじ伏せてきた部分が効かなくなっているという部分もあるのだろう。
今も頭が鉛の様に重かったりで、今日一日かけて書き上がったのがOpenVPNの起動の記事とか…、いくらなんでも酷過ぎるだろうと。。

現状、何をやってもうまく行く気がしないので、体力の回復改善から行うべきだろうか…。

という泣き言でありますれば、、