Tips : SourceTree で複数のCommitを Reset でまとめる

Reset コマンドを使用する

作業中に細かく Commit していたものを一つにまとめたいときがあります。

まとめたいコミットがある

ローカル作業で実験的な作業をしていると、いたずらに Commit 数が増えてしまってこのままでは視認性もよくありません。

そこで、複数の Commit を一つにまとめてスッキリさせます。

“Tips : SourceTree で複数のCommitを Reset でまとめる” の続きを読む

GitHub のリポジトリをForkする ② Pull Request 編

前回の「GitHub のリポジトリをForkする ①追跡編」では作業ブランチを切ってFork元のリポジトリを追跡させる所まで解説しました。今回はforkしたリポジトリを実際に更新していき、作業成果を Pull Request してFork元に反映してもらうまでを解説します。

この記事を書いている段階で Pull Request を送る実験用に作ったアカウントのリポジトリは以下のようになっています。

Pull Request 実験用リポジトリ

“GitHub のリポジトリをForkする ② Pull Request 編” の続きを読む

SourceTree のインストールからSSHの設定まで

SourceTree のインストール

SourceTreeはGit とMercurialを使用できるフリーのクライアントソフトです。継続して使うにはユーザー登録が必要ですが無料で使用できます。公式サイトからダウンロードしてインストールしましょう。

Free Mercurial and Git Client for Windows and Mac | Atlassian SourceTree
http://www.sourcetreeapp.com/

2014-06-23-sourcetree-com

“SourceTree のインストールからSSHの設定まで” の続きを読む

GitHub のリポジトリをForkする ①追跡編

このサイトでは Visual Studio 2013 で作業する事をベースに記事を書いています。

Visual Studio 2013 に内蔵されている Git はGitHubで言う所の Fork したリポジトリを運用していくオープンソースを主体とした使い方には不向きです。Fork元(upstream)に追従しようとすると、どうしてもコマンドプロンプトで直接 Git コマンドを叩かなくてはなりません。

そこで、このサイトでは SourceTree という Git と Mercurial を使用できるクライアントソフトを使用します。 git-svn も考慮されGUIで扱えるようになってるので、筆者の様に svn を縮小させつつ Git へ移行しようと考えている人にもお勧めできます。履歴や変更点の確認、コンフリクトの解消などは明らかにこちらの方がやりやすいと思います。

“GitHub のリポジトリをForkする ①追跡編” の続きを読む

Visual Studio 2013の Git を使う② GitHubからCloneする

前回はローカルリポジトリを作成してCommitし、GitHubへPushする所まで解説しました。今回は自分や、チームが作成したリポジトリをCloneするという作業を行い、最後にコマンドライン版Gitのインストールを行います。権限の無いリポジトリもCloneすることが出来ますが、権限が無いためpushする事は出来ません。その為にForkという手段を使いますが、それはまた別の機会に解説します。

“Visual Studio 2013の Git を使う② GitHubからCloneする” の続きを読む

Visual Studio 2013の Git を使う① GitHubへPushするまで

Visual Studio 2013のGitによるバージョン管理をざっくりと解説します。ここではGitの何たるかは詳しく解説しません。知りたい方は「サルでもわかるGit入門 」等を参照しましょう。

ざっくり図解すると以下のような感じです。

2014-05-30-simple-git

CVSやSVN、Visual SourceSafe等のバージョン管理システムを使った事がある方なら、自分の手元にもリポジトリが持てるバージョン管理システムと考ればしっくり来るかもしれません。

自分で作成したリポジトリを元に、ホスティングサーバーへPushするので、まずはローカルリポジトリを作成します。

“Visual Studio 2013の Git を使う① GitHubへPushするまで” の続きを読む