TIPS:特定ネットワーク以外からのルーターへのアクセスを禁止する

気づくと例外だらけになってしまっていたので汎用的にまとめていきたいと思います。

特定ネットワーク以外からのOpenWrtルーターへのHTTP、SSHのアクセスを禁止します。

OpenWrtのFirewallのTraffic Rulesタブから設定を行います。

firewall-drop-http-ssh-other-network

画像にある通りなのですが、ルール名「~ from wan」で特定ネットワークからのアクセスを許容しておき、そのルールから溢れたものを「~ from all」でドロップさせます。

“TIPS:特定ネットワーク以外からのルーターへのアクセスを禁止する” の続きを読む

OpenWrtでFonのHeartbeatを送信する

OpenWrtにCoovaChilliを導入してFon互換のアクセスポイントを公開しても、このままではFon Mapsには表示されず、FonのアカウントのステータスもいずれAlienになってしまうでしょう。

chilliコマンドとは別に、定期的にhearbeatをFonのサーバーに対して行う事で、本来のFonルーターと同様の動作を行わせることが出来ます。

enalbe-ap-on-fon-maps

元ネタはdd-wrtのwikiで公開されているLaFonera Software Heartbeat-Devです。

“OpenWrtでFonのHeartbeatを送信する” の続きを読む

簡単に出来るかもしれないOpenWrtで作るゲストアクセスポイント

前回の記事でNwtworkのInterfaces内のブリッジの組み替えと、Wi-Fiのアクセスポイントの設定を解説しました。

今回は応用を利かせて、こんな感じのゲストアクセスポイントを設置します。
private-lan-and-isolate-wireless-network

OpenWrtの概要はウィキペディアに委ねるとして、玄人仕様であったOpenWrtもバージョン8.09以降にLuCIという強力なWebインターフェイスがプリインストールされるようになり、大幅に敷居が下がったようです。日本人のWebであまり触れられていないQoSに関しても解説しているので、少々長めですがよろしくお付き合いください。

“簡単に出来るかもしれないOpenWrtで作るゲストアクセスポイント” の続きを読む

OpenWrtを入れたWHR-HP-G300Nを普通のWi-Fiルーターとして使う

OpenWrtの記事を書き始めたものの、病気の再発、入院などという経緯で棚上げになってしまったため、一度リセットして通常のルーターとして設定する所からやり直します。

まずはSystemタブのAdministrationからパスワードの設定を行います。
openwrt-setting-password

これを行う事で、次回よりこのパスワードでWebUIにログインが可能になり、ルーターにぶら下がるローカルIPからSSHでログイン出来るようになります。

導入して初期状態のOpenWrtは以下のようになっていて、Wi-Fiのアクセスポイントは無効化されています。(この辺りはいそいそとWi-Fiのセキュリティを設定しないといけないDD-WRTより好感が持てます。)
openwrt-def-router-image

openwrt-def-interfaces

“OpenWrtを入れたWHR-HP-G300Nを普通のWi-Fiルーターとして使う” の続きを読む

DD-WRTからOpenWrtへ

WHR-HP-G300Nの情報

スペックとしてはWikiDeviに掲載されている通りで、掻い摘むと以下の通り

  • CPU:Atheros AR7240 rev2 400MHz (MIPS 24Kc)
  • RAM:32MB
  • FLASH:4MB (MX25L3205D 32m-bit CMOS Serial Flash)
  • WiFi:Atheros AR9283

“DD-WRTからOpenWrtへ” の続きを読む

WHR-HP-G300N DD-WRT化

DD-WRTのオフィシャルサイトを見ても分かる通り、BUFFALOは海外向けにDD-WRT搭載製品を出荷しています。
2013-11-04_dd-wrt_officalsite_buffalo_info

海外向けという事で、日本では未サポートという形ではありますが、色々便利に利用できる上に通常のファームウェアのWeb Flash Updateから更新できるというお手軽さがあり、他のメーカーのWi-Fi ルーターより使い勝手がいいと言えます。

“WHR-HP-G300N DD-WRT化” の続きを読む