PC版 Alien Isolation 日本語化の事始め

コンシューマの国内販売の話題が持ち上がったので、もしかしたらPC版のローカライズもあるんじゃないかなと思いつつ、こんな情報を出してみます。

日本語化の手段

言語ローカライズの分岐自体はハードコーディングされているので DATA/TEXT/JAPANESE なんてフォルダを作成しても読み込ませることは出来ません。音声の都合もあるので日本語化は言語を英語ベースに、日本語フォントをリソースへ埋め込んで DATA/TEXT/ENGLISH フォルダと DLC 内の各 TEXT/ENGLISH フォルダ内のテキストを編集して実現します。(Steam の言語設定が日本語でも英語リソースで起動します)

ただ、以下のようにしてしまうと、まるで PC-8001 をグリーンモニターで見ているかのような印象になってしまい、雰囲気がぶち壊しな気もします。

PC-8001

入手

Steam での例になりますが SoftEther VPN 等で購入可能地域からアクセスした事にすれば購入可能です。飽くまで自己責任で

steam-ai-without-vpn ⇒steam-ai-with-vpn

情報源

  • Alien: Isolation
    http://www.alienisolation.com/
    オフィシャルサイト
  • Steam コミュニティ :: Alien: Isolation
    http://steamcommunity.com/app/214490/guides/
    Modding Or Configuration のカテゴリに有用な情報が詰まっています。ディティールを向上させるパッチなども存在します。

  • Luigi Auriemma
    http://aluigi.altervista.org/quickbms.htm
    QuickBMSをダウンロードして適当な場所に展開しましょう。BMSのスクリプトでファイルを処理してパッキングされたファイルを展開することが出来るツールです。Alien Isolation 用のPAKのスクリプトが公開されていますがフォント用のリソースはPAK2形式でパッキングされているため、このスクリプトでは展開できません。
  • XeNTaX • View topic – Alien Isolation (.PAK .BIN)
    http://forum.xentax.com/viewtopic.php?f=10&t=12079&start=75

    XeNTaXのフォーラムにフォントリソースに使用されているPAK2方式の展開用スクリプトが公開されているので alien_isolation_pak2.bms としてQuickMBSのフォルダへ保存しておきましょう。
  • JPEXS Free Flash Decompiler – Opensource SWF decompiler and editor
    http://www.free-decompiler.com/flash/
    FFDec、Flashのデコンパイラです。フォントのコンテナの編集に使用するのでインストールしておきましょう。
    Alien Isolation のフォント用のコンテナは GFX という拡張子が付いています。これは Unity の Scaleform Plugin で作成されたもので、 ヘッダが異なるものの Flash のコンテナの一種です。
    これを使用する事でフォントの埋め込みが簡単に出来てしまいます。

UI.PAKの展開

QuickBMSを立ち上げると BMSスクリプトを選択するファイル選択ダイアログが表示されるのでalien_isolation_pak2.bms を選択します。

pak2script-in-to-quickmbs

続くファイル選択で Alien Isolation インストールフォルダ内の DATA フォルダか、DATA/GLOBAL フォルダ内に存在するUI.PAK を選択します。

最後に展開する場所を指定するとファイルの展開されます。

展開されたファイルの中に DATA/UI/FONT_EN.GFX が存在するのでこれを作業フォルダへ取り出してください。

フォントファイルの埋め込み

FFDec を起動して作業フォルダ内の FONT_EN.GFX を読み込ませてください。すると下の画像の様にフォントコンテナが読み込まれます。

fontgfx-in-to-ffdec

実際作業してみてもらえれば分かりますが、これは以下のような構成になっています。

  1. DefineFont3 ( 1: Jixllation ) // UI Infomation
  2. DefineFont3 ( 2: Jixllation ) // Display Monitor Font
  3. DefineFont3 ( 3: JectRex )
  4. DefineFont3 ( 4: Isolation ) // Subtitles Font
  5. DefineFont3 ( 5: Nostromo Cond )

「//」 を付けたフォントが編集対象です。1.と2.はここの方が作られている 8x12Dotのフォントを使わせていただきました。3.はメイリオで良いかと思います。

作業工程は目的のフォントを選択し、Embed..ボタンをクリックします。

ffdec-select-gfx-font

表示されたウインドウから、Installed か TTF のファイルを直接指定してフォントを選択し、Japanese KanaとKanjiをチェックしてOKをクリックすると埋め込みが完了します。

これをそれぞれのフォントで行ってメインウインドウから Save as..でFONT_JA.GFX と名前を付けて保存して下さい。

日本語フォントの適用

保存した FONT_JA.GFX を Alien Isolation のインストールフォルダ内、DATA/UI フォルダへコピーします。

※ Alien Isolation のファイルの読み込みは *.PAK 内のファイルが存在しない場合に実ディレクトリから読み込まれます。

続いて実際にフォントを読み込ませるために DATA/FONT_CONFIG.XML を編集します。

 日本語訳の作成

物量の勝負です。正直一人では無理です。

基本は インストールフォルダ内の DATA/TEXT/ENGLISH 内のファイルを編集して行きます。ゲーム中の英文を grep や find で検索すればどれが何のファイルかが判明すると思います。

DLC 専用の物は DATA/ENV/PRODUCTION/DLC 以下の各TEXTフォルダに存在するので、必要に応じて日本語化が可能です。

UI.TXT には UI の説明やローディング中のTips。T0001.TXT には端末文章。CUTSCENES.TXTにはストーリー上の演出カット。等々の様にメッセージのテキストが記述されています。

都合のいいことに「<」「>」で括るとテキストを読み飛ばしてくれるようで、もとの英文を残しておけるので編集に重宝します。

日本独自の規制が入ってまるまる同じという訳にもいかない気がしますが、コンシューマの日本語版がリリースされたら翻訳テキストを適宜マージという事を視野に入れつつ日本語化するのが妥当でしょうか…。

AI01

AI00

AI02

PC-8001

こんな感じになります。

モチベーション次第では、さらに調べてフォントサイズの調整なんて出来ると、映画の字幕の様な感じに出来るのではなどと考えてはいますが、Subtitle関連の処理は追い切れてないので気長にやる感じで、モチベーションが途絶えた段階で終了ですか…。

基本的に、このゲームは英語でプレイしたほうが良い気がします。

まぁ、ボクは英語の字幕テキストがないとどうにもならない感じではありますが;p

「PC版 Alien Isolation 日本語化の事始め」への2件のフィードバック

    1. 出来ません。フォントサイズはUnityのScaleform Plugin 関連のデータ、またはハードコーディングされているものと思われます。なお、ボクはPC新調にともなってAlien Isolationの環境を消してしまったので、今後解析などを行う予定はありません。

コメントを残す