WordPressのプラグインの作成

Pocket

WordPressに関する日本語のドキュメントはWordPress Codex 日本語版のサイトで参照できる。

プラグイン作成に関するドキュメントもプラグインの作成 – WordPress Codex 日本語版で確認できる訳だけれど、参照コードのみで実例が無いのが悩ましい。
このたび、小さなプラグインを作成する機会があったので、それを元に、作成してから公式ディレクトリに公開するまでの過程を、実例を元に解説して行くことにします。

今回扱うのはTinyMCEに範囲選択を拡張するボタンを設置するEasy Block Selectorプラグインです。

wordpress plugin : Easy Block Selector

WordPress › Easy Block Selector « WordPress Plugins
http://wordpress.org/plugins/easy-block-selector/

構成が非常にシンプルなためローカライズ用のファイルは存在しません。
ファイル構成は以下のようになり、これを用意するところから始めます。

    • easy-block-selector
      • tinymce3
        • ebs_mce_icon.png
        • editor_plugin.js
      • easy-block-selector-button.php
      • readme.txt

公開ディレクトリ(wordpress.orgの自分のプラグインページ)とSVNの連携に使用される部分にコメントを入れました。

 

 

あとはボタンのアイコンファイルを用意すれば必要なファイルはすべて揃います。

次回はプラグインの登録申請を行います。

この記事のトラックバック用URL


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

post date*