Visual Studio 2013の Git を使う② GitHubからCloneする

前回はローカルリポジトリを作成してCommitし、GitHubへPushする所まで解説しました。今回は自分や、チームが作成したリポジトリをCloneするという作業を行い、最後にコマンドライン版Gitのインストールを行います。権限の無いリポジトリもCloneすることが出来ますが、権限が無いためpushする事は出来ません。その為にForkという手段を使いますが、それはまた別の機会に解説します。

“Visual Studio 2013の Git を使う② GitHubからCloneする” の続きを読む

Visual Studio 2013の Git を使う① GitHubへPushするまで

Visual Studio 2013のGitによるバージョン管理をざっくりと解説します。ここではGitの何たるかは詳しく解説しません。知りたい方は「サルでもわかるGit入門 」等を参照しましょう。

ざっくり図解すると以下のような感じです。

2014-05-30-simple-git

CVSやSVN、Visual SourceSafe等のバージョン管理システムを使った事がある方なら、自分の手元にもリポジトリが持てるバージョン管理システムと考ればしっくり来るかもしれません。

自分で作成したリポジトリを元に、ホスティングサーバーへPushするので、まずはローカルリポジトリを作成します。

“Visual Studio 2013の Git を使う① GitHubへPushするまで” の続きを読む

Git ホスティング選定からサインアップまで

何らかの開発プロジェクトを管理する上でバージョン管理システムは必須と言えます。

ボク自身はローカルサーバーにsvnのホストを用意しており、そこでバージョン管理をしていたのですが、このたび外部ホストへ移行する事を決めました。

2014-05-25-github_and_bitbucket

“Git ホスティング選定からサインアップまで” の続きを読む