Visual Studio 2013 のビルドツールセットを拡充する プロフェッショナル編

Visual Studio Community 2013 について

11月12日に中堅、中小企業、個人開発、オープンソースで使用が可能になる Visual Studio Community 2013 が公開されました。Express 版の提供は 2013が最後になるという事です。Community Edition はProfessonal Edittion 相当という事で、このサイトでも今後は Community Edition を扱っていきます。

Visual Studio Community 2013 – Visual Studio
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

よそでは扱わない話題として、このサイトでは別のPCから VC++2005 、 VC++2008 、 VC++2010 のビルドルドツールセット を移植して マルチターゲット の開発環境を整える方法を解説します。

“Visual Studio 2013 のビルドツールセットを拡充する プロフェッショナル編”の続きを読む

VS2005、VS2008、VS2010のビルドツールセットの入手

Visual Studio 2013 は MSBuild 4.0 以降のツールセットであれば必要に応じてビルド環境を追加する事が出来ます。

しかしながら、過去のVisual Studio をインストールして環境を整えるという方法では無駄なコンポーネントのインストールが多く、システム環境に少なくない影響を与える事になります。

当サイトでは、Visual Studio 2005 ~ 2010 を仮想PC等の別の環境へ用意して、メインの開発環境へビルドツールセットだけを移植して使用する方法を紹介します。

build-tool-sets

この記事では移植に使用する ビルドツールセット を用意するための工程を解説していきます。

“VS2005、VS2008、VS2010のビルドツールセットの入手”の続きを読む

Visual Studio 2013 のビルドツールセットを拡充する フリー編

Visual Studio 2013 にはプラットフォームツールセットとして Visual Studio 2013 (v120) のツールセットと、Windows XPで動作可能な実行ファイルを作成する Visual Studio 2013 (v120_xp) のツールセットが付属しています。

Visual Studio 2013 では MSBuild 4.0 以降のツールセットであれば必要に応じて追加する事が出来ます。ビルド環境を合わせなければならないような仕事や作業がある場合に、この機能は重宝する事と思います。

この記事では以前のツールセットを所持しておらず、購入するまでも無いけどコンパイラのセットくらいは用意しておきたいという方のために  Visual Studio 2010 (v100) 相当と Visual Studio 2008 (v90) 相当のツールセットを追加する方法を解説します。

vs2013propaty-with-v90-v100-toolset

“Visual Studio 2013 のビルドツールセットを拡充する フリー編”の続きを読む

Visual Studio Community 2013 をインストールする

Visual Studio Community 2013 について

昨年11月12日に中堅、中小企業、個人開発、オープンソースで使用が可能になる Visual Studio Community 2013 が公開されました。これに伴い Express 版の提供は 2013が最後になるようです。Community Edition はProfessonal Edittion 相当という事で、このサイトでも今後は Community Edition を扱っていきます。

Visual Studio Community 2013 – Visual Studio
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

Visual Studio Community 2013

“Visual Studio Community 2013 をインストールする”の続きを読む

VC++開発環境を整える事を考えてみる(2014.11.12 更新)

  • 2014.11.12 ResEditのリンクを作者のサイトから窓の杜のページへ変更しました。
    作者の用意したインストーラーにはアドウェアが含まれるようになったようです。
    配布も7z形式が削除され、インストーラー形式だけに絞られたようです。善意のカンパに頼った開発には限界があると言うことを察してあげるべきかと思います。

何か作ってみようなどと漠然と考えてみても、準備すら整っていない状態で情報を集めていても時間が経って風化してしまうなんて事もしばしば。
実際にコードを触って弄ってという作業に持っていけるという事は興味を持てるという面で考えても重要かと思われます。やってみようと考える人はまずはこういう物に触ってみるべきでしょう。
必要なリソースの入手元をまとめる意味も含めて、この記事を記します。

そんな訳で2014年度向けに大幅改定、ユーザープロパティシートの設定と、64bitコンパイル環境の整備を追加しました。

“VC++開発環境を整える事を考えてみる(2014.11.12 更新)”の続きを読む