昔撮った ビデオ を ブルーレイ 画質にする

家に残っているVHSやLDの映像をDVD化した事はあったものの、 720×480 MPEG2 で DVD 1枚 4.7G という縛りの中ではそれほど良い状態の映像は残せませんでした。

そして、今やFUllHD画質が当たり前で、放送波はともかく民生TVは4k画質へ突入するさなか、今度は残っているVHS等を BD 画質にして残そう等と思い立ったわけです。

まずは比較映像です。ソースはNHK BS2で放送していたNHK コンサートです。

映像比較

NHK コンサート ベラ・ダヴィドヴィチ右が S-VHS のビデオから DV フォーマット でキャプチャーした映像で、左が ブルーレイ 画質 復刻処理をしてh.264 でエンコードした物がデコードされた映像です(つまり実際に画面に出る映像です)。

流石にここまで違いが出てしまうと、DVDクラスの映像がTV内臓のアプコンに掛かったものと比べると雲泥の差が出ます。

手法

作業工程が若干特殊なため、ライトユーザー向けのビデオツールでは対応できない可能性がありますが、だいたい以下のようになります。

  1. ビデオ の読み込み
  2. 色空間の変換(Rec.601->Rec.709 アナログキャプチャは大体Rec.601なため)
  3. インタレース映像をプログレッシブ化(秒間60フレームの映像にします)
  4. クロップ、HD画質へリサイズ(1440×1080 4:3)
  5. ノイズ除去等映像復元作業
  6. ピラーボックス(サイドパネル)化(1920×1080 16:9)
  7. インタレース化

Avistnth

筆者は Avisynth を使用しているので以下の様な簡素なスクリプトにすることが出来ます。

プラグインとスクリプト

プログレッシブ化には Doom9 のフォーラムで公開されている QTGMC を使用しました。負荷の高いスクリプトですが、質の高い映像を得ることが出来ます。

以下使用しているスクリプト並びにプラグインを上げておきます。

最後に比較用のフルフレームの画像です。

20-14-03-10_bella_home_made_bd_disc_origclip_aspect4_3 > 00000.m2ts_snapshot_09.52_[2014.03.11_01.20.21]_orig_uncomplesframe

因みに、 1440×1080 sar 1:1 でエンコードするとアスペクト比が4:3になる訳ですが、BDMVの仕様には無いので黒縁を付けて1920×1080にする必要があります。

そんな訳で、この映像を家庭用レコーダーで見るわけですが、何気にレーベルとかも作ってみたりします。

IMG_20140309_210311

ファイル名を見てあんぐりとしているところですが、記事にするまで6日掛かってます…。何をするにも体調次第という事で、春先が危ないという多発性硬化症患者の愚痴であります。

One Reply to “昔撮った ビデオ を ブルーレイ 画質にする”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください