Tips : SourceTree で複数のCommitを Reset でまとめる

Reset コマンドを使用する

作業中に細かく Commit していたものを一つにまとめたいときがあります。

まとめたいコミットがある

ローカル作業で実験的な作業をしていると、いたずらに Commit 数が増えてしまってこのままでは視認性もよくありません。

そこで、複数の Commit を一つにまとめてスッキリさせます。

リセットメニュー

SourceTree (Git) には Commit を一つにまとめられる Reset という機能が用意されています。

正確にはCommitした事を無かった事にするのですが、用途に応じて三種のケースを選ぶ事が出来ます。

  1. Soft … ローカルの変更を全てそのままにする。
  2. Mixed … 作業コピーの変更はそのままにするが、インデックス状態はリセットする。
  3. Hard … 全ての作業コピーの変更を破棄する。

適応範囲は最新の Commit から選択した Commit までで、 Hard はローカル作業は過去へ戻り、作業自体が無かった事になります。意図的に Commit 情報を残したまま過去の状態に戻す場合は Revert を使いましょう。

Commitをまとめる場合はSoftかMixedの手法で都合の良い物を使用しましょう。新たにCommitしなおすことで適応範囲を一つのCommitにすることが出来ます。

 

コメントを残す