HDDの一時的物理トラブルの解消

今更ながらLinuxのカテゴリーが無かったのだなという事で、HDDのトラブルに関しての記事を追加。

今朝がたエンコードの進展を眺めていたらこんな表示が…。

 突然HDDのSMARTの値が読めなくなったようで/var/log/messagesを見てみたところこんな感じに…。

ata4.00 : disabled が出た時点でシステムから見放されてしまった事になり、以後はエラーの嵐。
マウントされているのにマウントポイントは真っ白、この状態ではアンマウントも出来ないので

echo 1 > /sys/class/scsi_device/3:0:0:0/delete
こうする事で/dev/sdeが消滅
echo “- – -” > /sys/class/scsi_host/host3/scan
としたところ /dev/sdfとして再認識したので念のためにread onlyでマウントしファイルシステムが無事な事を確認。

事前にSMART値の変化もなく、突然読めなくなった事から、hostコントローラーかケーブルか、一時的な電源トラブルか…。疑いだすと切が無いのだけれども、あとはバックアップを取って運用を続けて様子を見るとしましょうか。

覚書: fuser -mv /mnt でマウントポイントを使用しているユーザーの確認。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください