wordpress.orgへプラグインの公開

プラグイン作成記事で以下の様なフォルダ構造のプラグインを作成しました。

  • easy-block-selector
    • tinymce3
      • ebs_mce_icon.png
      • editor_plugin.js
    • easy-block-selector-button.php
    • readme.txt

これを前回取得したベースディレクトリのtrunk以下に配置してコミットすれば、その時点でwordpress.orgのプラグインページへの公開が完了するわけですが、今後保守をしていくための知識を身につけておきましょう。 “wordpress.orgへプラグインの公開”の続きを読む

プラグイン登録申請通過からSVNの初期リポジトリの取得

前回の記事から4日後、Easy Block Selectorの登録申請が通りました。処女作であるTreeview On Contentsのときは物の数時間で申請通ったので、こんなにも早いものなのかとびっくりしていましたが、本来はこの程度待たされるのでしょう。

通過の際に以下のような文面でwordpress.orgから定型文のメールが届きます。
“プラグイン登録申請通過からSVNの初期リポジトリの取得”の続きを読む

WordPressのプラグイン登録申請の流れ

登録に関する大まかなことはWordPress Codex 日本語版を参照するとして、実際の登録手順を説明して行きます。

wordpress.orgの以下のページから行うわけですが、
WordPress › Requests « WordPress Plugins
http://wordpress.org/extend/plugins/add/
まずはwordpress.orgにアカウントを作る必要があり、赤丸でマークしたregisterから登録を行います。
wp-plugin-before-register

“WordPressのプラグイン登録申請の流れ”の続きを読む

WordPressのプラグインの作成

WordPressに関する日本語のドキュメントはWordPress Codex 日本語版のサイトで参照できる。

プラグイン作成に関するドキュメントもプラグインの作成 – WordPress Codex 日本語版で確認できる訳だけれど、参照コードのみで実例が無いのが悩ましい。
このたび、小さなプラグインを作成する機会があったので、それを元に、作成してから公式ディレクトリに公開するまでの過程を、実例を元に解説して行くことにします。

今回扱うのはTinyMCEに範囲選択を拡張するボタンを設置するEasy Block Selectorプラグインです。

wordpress plugin : Easy Block Selector

WordPress › Easy Block Selector « WordPress Plugins
http://wordpress.org/plugins/easy-block-selector/

“WordPressのプラグインの作成”の続きを読む