XPの物理PC実行環境を仮想マシンとして保存

サポート期限が迫ってきたWindowsXP搭載PCですが、Windows7や8への移行でPC自体の廃棄やOS換装で実行環境を捨て去ることになります。

個人ドキュメント等のデータや、時間の掛かりそうな過去のデータ類を整理するにあたって、旧PCの環境をそのまま仮想マシンとして残しておければ、安心してさっさとWindows7や8へ環境をシフトしてしまえるでしょう。

ただし、Windowsマシンは昨今に至っても、HDDを別PCへ乗せ換えて起動すると互換性のある環境でないと、ブルースクリーンに遭遇してセーフモードすら立ち上がりません。

“XPの物理PC実行環境を仮想マシンとして保存” の続きを読む