WordPress で Trackback URL が切れるのは日本語のせいじゃない!

wordpress wp_comments table on db

以前、トラックバック を送信した際に、送信先でURLが壊れているとの指摘を受けました。今回はその理由と、関連する WordPress の制限事項について解き明かして行こうと思います。

取りあえずこうしたほうが良いのは知っているという人は、これを機に もやもや を解消させましょう。

wordpress wp_comments table on db “WordPress で Trackback URL が切れるのは日本語のせいじゃない!” の続きを読む

WebMaster Tools に出ている URL エラー を何とかする

web master tools site error url error

WebMaster Tools で確認したところ、 クロール が大量の URL エラー を出していました。

Webmaster Tools 上の URL エラー

web master tools site error url error

WordPress で Global Translator を使用していた事による弊害でした。

これでは問題のある URL エラー が出ていても見つけることが困難です。よって、フィルターを使用して効率的に該当エラーを除外し、WebMaster Tools の機能性を回復させることにしました。

“WebMaster Tools に出ている URL エラー を何とかする” の続きを読む

WordPress Ping Optimizerとping送信先リスト

そろそろ外部にpingを発信してもいいかなと思いたちPINGZONEというサイトpingを送信する設定にして幾つか記事を書いてみました。

PINGZONEの説明には送信リストにhttp://www.pingzone.jp/ping.phpを設定すると書かれているのでこんな感じに設定。
2013-11-18-pingzone-in-to-wordpress-pinglist

が、しかし記事を投稿してping送信の処理をしてもPINGZONEの送信ログには何も残らず。

そもそもWordPressはping送信に対してエラーを表示してくれないので確認しようもなく、WordPress Ping Optimizerというプラグインを入れてみることにしました。

“WordPress Ping Optimizerとping送信先リスト” の続きを読む

ハイライタープラグインをCrayon Syntax Highlighterに変更しました

この記事を書くまではSyntaxHighlighter Evolvedプラグインでプレーンテキストのハイライトを制御して、貼り付ける際にはAdvanced Code Buttonプラグイン(復旧作業中の様です)で囲み型ショートコードのタイプでSyntaxHilighterのプレーンテキストコードを埋め込んでいました。

WordPressで記事を書いていくためのスタイルが固定できず。記事を書きやすくするためのプラグインを作ったり、見やすく、読みやすくするための書き方をWeb上で探したり等をしている最中であります。

そんな中で発見したのがCrayon Syntax Highlighterプラグイン。

拙作のTreeview On ContentsプラグインやEasy Block Selectorプラグインを作成しているときに常々思っていた事ですが、囲み型ショートコードや、プレーンテキストのタグで埋め込むタイプのプラグインは、再編集の際のコード選択もサポートすべきだよなぁと。

これは、まさにそれを備えたハイライターです。
“ハイライタープラグインをCrayon Syntax Highlighterに変更しました” の続きを読む