ガーデントーチ でガレージを照らしてみた

ガーデントーチ でライティング

前日購入したソーラー式 ガーデントーチ の光り具合を写真に収めました。

夜間 ガーデントーチ

決して黒沈みするようなモニターで見ないでください、真っ暗になります;p

なんというか…、基本的に500円以内で買えるおもちゃです。数合わせれば結構明るいのではと思ったものの、せいぜいクリスマスのイルミネーションと言ったところでしょうか?。

充電用 ニッケル乾電池

充電用として ニッケル乾電池 が使われていますが、200mAhと容量が少なめで、雨の日が続いたりすると枯渇してしまう場合があります。

作りが荒く、電池の取り換えは分解する必要があます。ニッケル電池は一度使い切ってしまうと充電が出来なくなるので、自分で交換が出来ない人は注意しましょう。ニッケル電池も充電器も DAISO で買えたりします。

DAISO 100円 ニッケル電池 充電器

ただし、100円クォリティです。過充電防止機能が付いていないので、充電完了時にはコンセントから抜く必要があります。まぁ、そもそもソーラーからの循環充電が出来るようになるまでの一度きりの充電なので、これで十分でしょう。

夜の ライラック と ブルーリボン

夜間 ガーデントーチ その2

今、我が家の コンテナガーデン はちょうど ライラック が咲いています。花の方に露出を合わせたため、ガーデントーチのほうは黒く沈んでしまいましたが肉眼でも地面が見えるくらいの光度はあります。

これだけでは何なので、ベランダで咲いた ブルーリボン をオマケしておきましょう。

ベランダで咲く ブルーリボン

因みにこれは挿し木したもので本株は別に存在します。咲いたころにまた載せる事にしましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください